『損害』(そんがい)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



なんとなく、生活などに支障をきたすような損をする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『損害』の意味


『損害』(そんがい)の意味は

事故、災害などによる金銭的・物質的な不利益

といった意味のようです。



予想外の出来事による損

のような意味になりそうです。



『事故』(じこ)は
よくないことが起こること。さしさわり
『不利益』(ふりえき)は
利益にならないこと。損になること
『差し障り』(さしさわり)は
物事の進行に具合の悪い事情

といった意味になります。

スポンサードリンク

『損害』の例文、使い方


例文としては
「損害が起きても対応ができるように最低限の保険は入っている」

のような
「悪い出来事による損」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『損害』の対義語、反対語


『損害』の対義語、反対語は

『利益』(りえき)
1.事業などをして得るもうけ。利潤
2.得になること。益になること

といった意味の言葉になります。



この『利益』という言葉は

損失
そこない失うこと。特に、財産や利益などを失うこと

といった意味の対義語でもあるようです。

『損害』と『損失』、『被害』の違い


『損害』は
そこない、傷つけること。利益を失わせることや、失うこと。また、事故などで受けた不利益。損失
『損失』は
そこない失うこと。特に、財産や利益などを失うこと

といった意味になります。



どちらも、利益を失う、金銭的な損のような意味になりそうですが

『損害』は
事故による損
金銭的だけでなく物質的な損
『損失』は
財産を失う

といった意味を強く主張していそうです。



『被害』(ひがい)は
損害や危害を受けること。また、受けた損害や危害

といった意味になり、意味自体に差はなさそうですが

『損失』や『損害』の対義語が『利益』というのと違い

『被害』の対義語は

『加害』(かがい)
他人に危害や損害を加えること

といった意味の言葉となるので

加害者がいる前提での意味など、使い方やイメージによる受け取り方にも違いがありそうです。



『危害』(きがい)は
身体・生命・物品を損なうような危険なこと

といった意味になります。

スポンサードリンク

『損害』の類義語

不利益
不利
損失
損害
欠損
差損
赤字
出血
持ち出し
採算割れ
痛手
ダメージ
マイナス
ロス
不得策

『損』の慣用句

足が出る
穴があく
盗人に追い銭
骨折り損の草臥れ儲け
間尺に合わない
割が悪い
割を食う

『損』のことわざ

損して得取れ
只より高い物はない
短気は損気
安物買いの銭失い