『出血』(しゅっけつ)という言葉は

聞いたことはある言葉ですね。



普通だと「血が出る」といった意味になるのですが
「損の類義語」として意味を考えるならば、なんとなく

赤字

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『出血』の意味


『出血』(しゅっけつ)の意味は

収支が引き合わないのを承知の上で商品などを売ること

といった意味のようです。



赤字覚悟で宣伝効果などのことを考えた商売

のような意味になりそうです。



『出血』(しゅっけつ)は
1.血液が血管の外に流れ出ること
2.損害をこうむること。犠牲を払うこと

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「新装開店前だったため、寿司以外のほぼ全ての商品が半額で出血大サービス中だった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『出血』の類義語

不利益
不利
損失
損害
欠損
差損
赤字
出血
持ち出し
採算割れ
痛手
ダメージ
マイナス
ロス
不得策

『損』の慣用句

足が出る
穴があく
盗人に追い銭
骨折り損の草臥れ儲け
間尺に合わない
割が悪い
割を食う

『損』のことわざ

損して得取れ
只より高い物はない
短気は損気
安物買いの銭失い

関連コンテンツ



スポンサードリンク