『盗人に追い銭』(ぬすびとにおいせん)という言葉は

馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、盗みを働くような悪いことで稼いでも後でお金に困る

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『盗人に追い銭』の意味


『盗人に追い銭』(ぬすびとにおいせん)の意味は

盗人に物を盗まれたうえに、さらに金銭を与える意味から
損を重ねることのたとえ

といった意味のようです。



損をした後に損をする

のような意味になりそうです。



例文としては
「高速道路なのに渋滞しているのでは盗人に追い銭だ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『盗人に追い銭』の由来、語源


『盗人に追い銭』の由来、語源は

盗人に物を盗まれた後で、金銭も払う
物を盗んだ強盗に「他になにか忘れてないか」と尋ねられ
余計に金銭を上げてしまう

というところから来た言葉のようです。



「追い銭」は
支払った後の余分なお金、追加料金

といった意味になります。

[ad#co-3]

『盗人に追い銭』の類義語

不利益
不利
損失
損害
欠損
差損
赤字
出血
持ち出し
採算割れ
痛手
ダメージ
マイナス
ロス
不得策

『損』の慣用句

足が出る
穴があく
盗人に追い銭
骨折り損の草臥れ儲け
間尺に合わない
割が悪い
割を食う

『損』のことわざ

損して得取れ
只より高い物はない
短気は損気
安物買いの銭失い
[ad#co-6]

[ad#co-3]