『安物買いの銭失い』(やすものがいのぜにうしない)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、安い物は品質が悪いので買っても無駄になる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『安物買いの銭失い』の意味


『安物買いの銭失い』(やすものがいのぜにうしない)の意味は

安い物を買うと
品質が粗悪だったりして
すぐ買い換えなければならなくなり
かえって損になるということ


といった意味のようです。



安物は長持ちしないから損をする

のような意味になりそうです。

『安物買いの銭失い』の対義語、反対語


『安物買いの銭失い』の対義語、反対語は

『高かろう良かろう』のようです。



『安かろう悪かろう』の意味
値段が安ければそれだけ質が落ちるであろう。安い物によい物はない

といった言葉とセットで使われる事が多く

この「安かろう悪かろう」や

『安物買いの銭失い』の意味
安価な物を買うと、品質が悪かったり、すぐに買い替えなければならなかったりするので、かえって損になるということ

といった言葉の反対の意味を表しています。

スポンサードリンク


『安物買いの銭失い』の類義語

不利益
不利
損失
損害
欠損
差損
赤字
出血
持ち出し
採算割れ
痛手
ダメージ
マイナス
ロス
不得策

『損』の慣用句

足が出る
穴があく
盗人に追い銭
骨折り損の草臥れ儲け
間尺に合わない
割が悪い
割を食う

『損』のことわざ

損して得取れ
只より高い物はない
短気は損気
安物買いの銭失い

関連コンテンツ



スポンサードリンク