『痛手』の読み方は(いたで)と読みます。



『痛手』(いたで)という言葉は

よく聞きそうな言葉ですね。



なんとなく、手痛い失敗をする、損が大きいことをする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『痛手』の意味


『痛手』の意味は

今後に大きく影響を残すような被害や損害

といった意味のようです。



後々まで響くような大損

のような意味になりそうです。



『痛手』(いたで)は
1.重い傷。重傷。ふかで
2.大きい被害や損害

といった複数の意味を持ちます。



『損害』(そんがい)は
そこない、傷つけること。利益を失わせることや、失うこと。また、事故などで受けた不利益。損失
『被害』(ひがい)は
損害や危害を受けること

といった意味になります。

『痛手』の使い方、例文


例文としては
「課金しすぎて危うく痛手となるところだった」

のような
「大きな損害」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『痛手』の類義語

不利益
不利
損失
損害
欠損
差損
赤字
出血
持ち出し
採算割れ
痛手
ダメージ
マイナス
ロス
不得策

『損』の慣用句

足が出る
穴があく
盗人に追い銭
骨折り損の草臥れ儲け
間尺に合わない
割が悪い
割を食う

『損』のことわざ

損して得取れ
只より高い物はない
短気は損気
安物買いの銭失い

関連コンテンツ



スポンサードリンク