『骨折り損の草臥れ儲け』(ほねおりぞんのくたびれもうけ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



苦労した分の見返りが足りない、損をしている

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『骨折り損の草臥れ儲け』の意味


『骨折り損の草臥れ儲け』(ほねおりぞんのくたびれもうけ)の意味は

苦労しても成果や利益が上がらず
徒労感が残るだけであること


といった意味のようです。



苦労しただけの見返りがなく疲れだけが残る

のような意味になりそうです。



『徒労』(とろう)は
むだな骨折り。無益な苦労

といった意味になります。



例文としては
「張り切って作った予定表が無駄になり骨折り損の草臥れ儲けとなった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『骨折り損の草臥れ儲け』の類義語

不利益
不利
損失
損害
欠損
差損
赤字
出血
持ち出し
採算割れ
痛手
ダメージ
マイナス
ロス
不得策

『損』の慣用句

足が出る
穴があく
盗人に追い銭
骨折り損の草臥れ儲け
間尺に合わない
割が悪い
割を食う

『損』のことわざ

損して得取れ
只より高い物はない
短気は損気
安物買いの銭失い

関連コンテンツ



スポンサードリンク