『精励』(せいれい)と聞くと

言葉を聞いただけでは漫画とかのせいで
妖精とかの「精霊」が先にイメージされてしまいます。



それでも漢字を見ると
精神の「精」に「励む」という漢字が使われているので

精神を集中して励んでいく、努力していく

のような意味になってきそうです。



『精励』の読み方は(せいれい)と読みます。

スポンサードリンク


『精励』の意味


『精励』(せいれい)の意味は

仕事や学業に精一杯の努力をすること

といった意味のようです。



仕事や学業にポイントを当てて精一杯の努力をする

といった意味になってくるんですね。



ということは

スポーツや体を動かすこと

に対しては「精励」は使われなさそうです。

『精励』の例文や使い方


例文としては
「反復作業に精励する」
「テストに向けて学問に精励する」

といった「精一杯努力する」
の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『精励』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く

関連コンテンツ



スポンサードリンク