『天は自ら助くる者を助く』(てんはみずからたすくるものをたすく)
という言葉は

自分の身を積極的に自分で助ける者に対して天は助けてくれる

といった意味に聞こえてきます。



結局は自分の行いや行動はいずれ自分に返ってくる

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『天は自ら助くる者を助く』の意味


『天は自ら助くる者を助く』の意味は

天は人に頼らず自ら努力する者に幸福を与える

といった意味のようです。



どうやらこれは「英語からきたことわざ」のようですね。



自分の幸福を、自分の幸せをつかむには
結局自分でどうにかするしかない

という事を意味しているのかもしれませんね。



多くの人間は
成り行きや無意識に生きてしまっているので

「いずれ何とかしよう」ではなく
「今なんとかしよう」と積極的に行動するべきだ

と言われているような気がします。



自分の行動や人生は人任せにせず自己責任で行え

ということなのかもしれません。



その考え方が結果的に努力となって自分の身に返ってくる→幸福となる

というにもなってきそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『天は自ら助くる者を助く』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]