『勤しむ』(いそしむ)という言葉は

たまに日常で使われてそうな言葉ですね。



日頃よく
「なんとかに勤しんでいる」
のような使い方をして

コツコツ何か作業している

のような感覚で使っている気がします。



なんとなく「勤しむ」というと

働いている、一生懸命働く

というようなイメージがありますが。



『勤しむ』の読み方は(いそしむ)と読みます。

スポンサードリンク


『勤しむ』の意味


『勤しむ』の意味は

精を出して熱心に取り組む

といった意味のようです。



べつに仕事に勤めるというような意味ばかりでなく

物事に対して熱心に取り組む
一生懸命何かに頑張る

というような意味になってくるようです。



「勤しむ」というのは案外

努力している

のようなまっすぐな言葉のようですね。



熱心に取り組むということは

1つの物事に対し集中して取り組む

というような意味にもなってきそうです。

『勤しむ』の使い方や例文


例文としては
「作業を習慣化させるために毎日勤しむ」

といった
「一生懸命やる」「コツコツやる」

の代わりのような使い方が良さそうですね。

スポンサードリンク


『勤しむ』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く

関連コンテンツ



スポンサードリンク