『大計』(たいけい)という言葉は

なんとなく三国志や戦国時代のゲームでだと
「大規模な計略」

のようなイメージがあります。



三国志の諸葛亮や司馬仲達が使っていた計略のような

戦況が大きく変化する決定打のような意味になってきそうですが。



ゲームでだとそういったイメージがありますが現実だと

大掛かりな計画

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『大計』の意味


『大計』(たいけい)の意味は

遠い将来のあるべき姿を考えた大がかりな計画

といった意味のようです。



意味を見るとなるほどという気がしてきますね。



ただ大きなというだけでなく遠い未来のことまで考えた計画

といった意味になってくるようです。



計画は未来のためのものですが

遠い未来の計画であるほど今何をすべきか明確になるので

「大計」とまでいかなくても未来を考えた計画は

行動するためのトリガーとしても良いのかもしれません。



例文としては
「日頃からの学びが大計の手助けにもなる」

といった使い方がいいかもしれません。

スポンサードリンク


『大計』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用

関連コンテンツ



スポンサードリンク