『心根』(こころね)という言葉は

なんとなく聞いたことがあるような言葉ですね。



なんとなく
その人の本来の性格、
その人の根本の性質、性格

といったイメージがありますが。



なので
普段はぶっきらぼうだけど心根は優しい

というような使われ方がされそうですが。



『心根』の読み方は(こころね)と読みます。

スポンサードリンク


『心根』の意味


『心根』(こころね)の意味は

持って生まれた心のあり方

といった意味のようです。



持って生まれたということは
生まれたときからすでにあった本来持っている性格

といった意味になってきそうですね。



心のあり方は
普段の気持ちの癖

持って生まれた心のあり方は

その人が自然に出てくる感情
その人にとって自分らしい心の動き

ということなのかもしれません。



例文としては
「彼はいつも乱暴な言い方をするが心根は臆病なところがある」

というような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『心根』の類義語

性質
気性
性分
性情
気質(きしつ)
気質(かたぎ)


為人
個性
人格
パーソナリティー
キャラクター
人柄
気立て
心根
心性
本性
地金
根性
気っ風
資性

『性格』のことわざ

噛む馬はしまいまで噛む
習い性となる
三つ子の魂百まで

関連コンテンツ



スポンサードリンク