『光』(ひかり)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



「光」と聞くと、ときメモの陽ノ下光を思い出してしまいますが、なんとなく

明かり、日差し、希望

のような意味になりそうですが。



『光』の読み方は
音読み:こう
訓読み:ひかり、ひか(る)

となります。

スポンサードリンク


『光』の意味


『光』(ひかり)の意味は

比喩的に
心に希望を与えてくれるような物事

といった意味のようです。



心の支え、願いが叶うようなこと

のような意味になりそうです。



『希望』(きぼう)は
1.あることの実現をのぞみ願うこと
2.将来に対する期待
『光』(ひかり)は
1.目に明るさを感じさせるもの
2.心に希望や光明などを起こさせる物事
3.威力・勢力のある者の、盛んな徳や勢い。威光
4.目の輝き
5.視力
6.色・つやなどの輝くほどの美しさ
7.容貌・容姿のまばゆいばかりの美しさ
8.見ばえのすること

といった複数の意味、使い方をします。



例文としては
「光が見えてきた」
「夏侯惇は戦場で片目の光を失った」
「あの目の光はまだ希望を捨てていない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『光』の語源、由来


『光』の語源、由来はいくつかあるようで

1.太陽の明るさ、光を借りるという意味から
「日借り」(ひかり)

2.漢字の「光」は
人の頭が光で照らされるイメージ
明るい人、楽しい考えにしてくれる人には
頭から光が出るような明るいイメージがあった

というところから来た言葉のようです。



目に見えない明るさ、という心を明るくするイメージが

希望、願いを叶えてくれるもの、勇気、力が出るもの

を連想する意味になったのかもしれません。

『光』の対義語、反対語


『光』の対義語、反対語は

『闇』(やみ)
1.暗いこと
2.闇夜
3.思慮分別がつかないこと
4.知識がないこと
5.先の見通しがつかないこと
6.正規の手続きによらない取引
7.世人の目にふれないこと
『影』(かげ)
1.日・月・星・灯火などの光
2.光が反射して水や鏡などの表面に映った、物の形や色
3.目に見える物の姿や形
4.物が光を遮って、光源と反対側にできる、そのものの黒い像
5.心に思い浮かべる、人の顔や姿。おもかげ
6.ある現象や状態の存在を印象づける感じ。不吉な兆候
7.心に思い描く実体のないもの。幻影。まぼろし

といった意味の言葉となります。



希望を連想するような「光」の意味に対し

暗い、または目に見えない裏側を連想するような意味の言葉となりそうです。

スポンサードリンク


『光』の類義語

望み
願い

願望
希求
熱望
庶幾
宿望
志望
要望
求め
注文
光明
曙光

『希望』の慣用句

気を持たせる
待つうちが花
夢を描く

関連コンテンツ



スポンサードリンク