『光明』の読み方は(こうみょう)となります。



『光明』という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、希望の光

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『光明』の意味


『光明』(こうみょう)の意味は

明るい光の意味から、比喩的に
前途に見えはじめた明るい見通し

といった意味のようです。



明るい未来

のような意味になりそうです。



『光明』(こうみょう)は
1.あかるい光。光輝
2.あかるい見通し。希望
『前途』(ぜんと)は
1.行く先。また、そこから目的地までの道のり
2.将来
『見通し』(みとおし)は
1.初めから終わりまで見つづけること
2.さえぎるものがなく遠くまで見えること
3.人の心や目に見えない内面の物事を見抜くこと。洞察
4.物事のなりゆきや、将来のことを予測すること

といった意味になります。

『光明』の使い方、例文


例文としては
「会社の方針が変わり、少しだけ光明が見えてきた」

のような
「良い未来」
「目に見えて安心しそうな未来」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『光明』の対義語、反対語


『光明』の対義語は

『暗黒』(あんこく)
1.真っ暗なこと。全く光のささないこと。くらやみ
2.社会の秩序が乱れ、また、人間性や文化が極度に圧迫されて、悪事や不安がはびこること
3.希望がもてない状態であること
4.未知であること。たしかに存在するが、その正体が直接明らかになっていないこと
『無明』(むみょう)
仏語。邪見・俗念に妨げられて真理を悟ることができない無知。最も根本的な煩悩で、十二因縁の第一、三惑の一とされる
『暗闇』(くらやみ)
1.まったく光がなく、暗いこと
2.人目につかないところ
3.見通しがたたず、将来に希望の持てないこと

といった意味の言葉になります。



『光明』(こうみょう)は
希望、見通しがある未来、または、明るい光のような意味になるので

希望が持てない、見通しがない、光がないのような意味を含む

『暗黒』(あんこく)と『暗闇』(くらやみ)は最も対義語に近そうです。



『無明』も対義語のようですが

仏教用語となり意味も違ってくるので対義語として使いづらくなりそうです。

スポンサードリンク


『光明』の類義語

望み
願い

願望
希求
熱望
庶幾
宿望
志望
要望
求め
注文
光明
曙光

『希望』の慣用句

気を持たせる
待つうちが花
夢を描く

関連コンテンツ



スポンサードリンク