『無事』(ぶじ)という言葉は

かなり頻繁に聞く言葉ですね。



日常的にも使ってる言葉ですが

映画や漫画でも頻繁に使われている気がします。



無事というと

健康であるであったり
怪我がない
無傷のような

とにかく
何事もない健康な状態

といったイメージがありますが。



『無事』の読み方は(ぶじ)と読みます。

スポンサードリンク


『無事』の意味


『無事』(ぶじ)は

病気も怪我もせず元気でいること

といった意味のようです。



やはり予想通り

病気も怪我もしないで元気でいる
何事もない健康な状態

といった意味になってくるみたいですね。



「無事」と聞くとどこか

心配していたけど何事もなくてよかった

といった心の声が聞こえてきそうですが。



例文としては
「無事に走り続ける馬は才能があり名馬だ」

といった使い方が良さそうです。

『無事』の対義語


『無事』の反対の意味となると

大怪我をする
病気になる

のような

無事ではすまない状態

といった意味が予想されます。



そうなると浮かんでくる言葉は

『瀕死』『重症』『怪我』

のような物騒な言葉が出てきますが。



『無事』の対義語、反対語はあまり聞き慣れないですが

有事』という言葉のようです。



『有事』は

戦争や事変など、非常の事態が起こること

といった意味になります。



『事変』とは

広範囲の非常事態や社会の混乱

といった意味のようです。



「事件」よりも規模が大きい戦争のような状態

を意味するみたいです。



『有事』とは見た目のシンプルな言葉とは裏腹に

やたら物騒な言葉のようですね。



それだけ『無事』という言葉が

平和的でほっとする言葉なのだと思わされます。



『無事』は『健康』と似た言葉ではありますが

対義語、反対語の『有事』の意味から

意外に深い言葉だということがわかりますね。

スポンサードリンク


『無事』の類義語

健やか
健全
壮健
強健
頑健
矍鑠
達者
まめ
無事
無病息災
健勝
恙無い

『健康』のことわざ

一病息災
薬より養生
酒は百薬の長
頭寒足熱
病は気から

関連コンテンツ



スポンサードリンク