『酒は百薬の長』(さけはひゃくやくのちょう)という言葉は

あまり聞いたことがない使われなさそうな言葉です。



でも場所によってや
もしかしたらお酒好きの間では

結構有名な言葉かもしれません。



漢字や言葉から意味を察するに

お酒は健康にいいといった意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『酒は百薬の長』の意味


『酒は百薬の長』(さけはひゃくやくのちょう)の意味は

酒は適度に飲めば、どんな薬よりも健康に良いという事

といった意味のようです。



お酒は適量であれば

ポジティブになったり
ご機嫌になり

健康に良いということなんですかね。



飲みすぎると体を壊しそうですが

適量であれば

普段悩んでいることや
不安に思ってることが無くなり

余計なストレスといった心配事がなくなるため
結果的に健康に良い

ということなのかもしれません。



でもこの言葉を鵜呑みにして

お酒を飲むことを習慣にして健康を害する

という人が続出しなければいいのですが。



適量のつもりが気が緩んでしまい大量に飲んでしまった

ということにもなりかねないので

あまり積極的に取り組むべき健康法ではないような気がします。



適量というと

毎日適量ということではなく
月に1回とか

そういった気持ちでお酒と付き合った方が

依存防止にもなっていいかもしれません。



お酒好きで体とも相性が良い

というなら本当に良いかもしれませんが。

スポンサードリンク


『酒は百薬の長』の由来


『酒は百薬の長』の語源、由来は

昔の中国からきた言葉のようです。



時代は三国志の前、前漢の頃で

『王莽(おうもう)』という人物
新朝の皇帝。字は巨君。
前漢の元帝の皇后・王政君(孝元皇后)の甥で、
成帝の母方の従弟に当たる


の言葉が『漢書』という書物に記されていて

伝えられてきたそうです。



中国からの言葉だったんですね。



確かに三国志の前の時代ともなるとかなり昔ですから

お酒も貴重だったでしょうし

その時代の皇帝の言葉なので

皆信じて疑わなかったのでしょうね。



それが今の時代まで伝えられているので

影響力もすごかったのではと思われます。



また、その『酒は百薬の長』が記されていた

『漢書』には「塩」や「鉄」についても一緒に記されていたそうです。



「夫れ塩は食肴の将、酒は百薬の長、嘉会の好、鉄は田農の本」

酒は塩と鉄と同じように貴重で大事にされていたのだと

思わされますね。



なので『酒は百薬の長』の語源、由来は

昔の中国の『漢書』の書物から

『王莽(おうもう)』という新朝の皇帝からの言葉からきた

ということになります。

スポンサードリンク


『酒は百薬の長』の類義語

健やか
健全
壮健
強健
頑健
矍鑠
達者
まめ
無事
無病息災
健勝
恙無い

『健康』のことわざ

一病息災
薬より養生
酒は百薬の長
頭寒足熱
病は気から

関連コンテンツ



スポンサードリンク