『頭寒足熱』(ずかんそくねつ)という言葉は

あまり聞き馴染みのない言葉ですね。



でも漢字を見れば

なんとなく意味が通じそうな言葉です。



頭が寒くて足が暑い
ということは

比較的健康な状態
コンディションが理想的な状態

のような気がします。



頭が冷静で足が活動的

というイメージにもなりますが
別の角度から見ると

貧血気味

という意味にも捉えられそうな気がしますが。



『頭寒足熱』の読み方は(ずかんそくねつ)と読みます。

スポンサードリンク


『頭寒足熱』の意味


『頭寒足熱』(ずかんそくねつ)の意味は

頭部を冷やし足を温かくすること。
古くから健康に良いとされる


といった意味のようです。



昔から
「頭を冷やし足を温める」というのが

体にいいと言われてきたんですね。



確かに

具合が悪い時や
安静にするときは

こういった行動をとることが多いような気がします。



だから『頭寒足熱』という言葉は

意味こそ
「頭を冷やし足を温める」

といった意味ですが

結果的に健康だという意味になってきそうです。

『頭寒足熱』の語源、由来


真相はよくわかりませんが

15世紀ごろに生まれたイギリス人からきた言葉のようです。



そのイギリス人『オールド・パー(本名トーマス・パー)』は

152歳(1483-1635年)生きたそうで

『頭寒足熱』は彼が最初に言ったのではといわれています。



そして18世紀では

オランダの名医といわれていた

ブールハーフェの書物の中に
「医学の無類にしてもっとも深い秘密」

という本があったそうで

彼の死後その本を見てみると

最初のページだけに
『頭寒足熱』のような意味がオランダ語で記されていただけで

後は白紙だったと言われていたそうです。



当時オランダと日本は交流があったため

この言葉が日本語で

『頭寒足熱』という言葉となって伝わったのではと言われています。



なので『頭寒足熱』の語源、由来は

長寿であったイギリス人【152歳(1483-1635年)】
『オールド・パー(本名トーマス・パー)』
が最初に言った言葉となり

18世紀頃
オランダの名医『ブールハーフェ』の書物の
「最初のページに記されていた言葉」が
日本語として訳されたもの

となります。



当時は名医の言葉だったので

皆が信じて健康だと伝えられてきた

ということなんですね。

スポンサードリンク


『頭寒足熱』の類義語

健やか
健全
壮健
強健
頑健
矍鑠
達者
まめ
無事
無病息災
健勝
恙無い

『健康』のことわざ

一病息災
薬より養生
酒は百薬の長
頭寒足熱
病は気から

関連コンテンツ



スポンサードリンク