『薬より養生』(くすりよりようじょう)という言葉は

なんとなく
薬に頼りすぎず休養をとったほうが健康に良い

というように聞こえてきます。



薬を意識するよりも自分の身体そのものを意識してあげて

自分の体をいたわるつもりで休養とる

といったような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『薬より養生』の意味


『薬より養生』(くすりよりようじょう)の意味は

病気になってから薬に頼るより
まず病気にならないように日ごろから注意すべきである


といった意味のようです。



なるほど
薬より休養といった方が良い

という意味ではなく

病気になってから薬に頼るよりも
病気にならないように気にかける
注意する

といった意味なのですね。



日頃の生活が結局は健康に直結するので
日ごろから健康を意識した生活をした方が良い

と言っている言葉になりそうです。



薬はあくまで最終手段で

病気にならないように努力するのが大事

だということなんですね。

スポンサードリンク


『薬より養生』の類義語

健やか
健全
壮健
強健
頑健
矍鑠
達者
まめ
無事
無病息災
健勝
恙無い

『健康』のことわざ

一病息災
薬より養生
酒は百薬の長
頭寒足熱
病は気から

関連コンテンツ



スポンサードリンク