『一病息災』(いちびょうそくさい)という言葉は

あまり聞きなじみがなくよくわからない言葉ですね。



なんとなく
1回病気になる
1回の病で命取りとなる

1回の病で災いとなるから気をつけよう

といったイメージがありますが。

スポンサードリンク


『一病息災』の意味


『一病息災』(いちびょうそくさい)の意味は

軽い病気を持っている人の方が体に注意するから
何の病気もない人よりかえって長生きするということ


といった意味のようです。



なるほど「一病」というのは
一回病気になる

ではなく
「一つの病気」

といった意味になってくるんですね。



確かに
1つ病気を持っていたり
一度病気で苦しむと

もう病気にならないように注意したりして

自然に本能的に

健康を意識した生活を送りますからね。



だから
病気になったことがない健康な人は

どうしたら病気になるか
不健康になるか

という知識を知らないから

警戒心もなくだらしない生活になりやすくなる

ということなのかもしれません。



口で言われるのと体感するのとでは

知識が全然違いますからね。



そういった
一回苦労しないと人間はわからない

という人間の心理を意味した言葉の1つなのかもしれません。

『一病息災』の使い方や例文


例文としては
「彼は一病息災だったため人一倍健康だ」

といった
「軽い病気の経験から健康に気をつけている」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『一病息災』と『無病息災』の違い


『一病息災』は
一度病気になったから健康に気をつけている
だから病気をしないで元気である

といった意味になってきますが

『無病息災』は
病気をしないで元気でいる

といったシンプルな意味になります。



なので『一病息災』と『無病息災』の違いは

「病気をした経験から注意力が増して健康である」か
「病気をしないで健康である」となるので

病気に注意しているかしていないか

という違いになります。

スポンサードリンク


『一病息災』の類義語

健やか
健全
壮健
強健
頑健
矍鑠
達者
まめ
無事
無病息災
健勝
恙無い

『健康』のことわざ

一病息災
薬より養生
酒は百薬の長
頭寒足熱
病は気から

関連コンテンツ



スポンサードリンク