『風前の灯火』(ふうぜんのともしび)という言葉は

それとなくどこかで聞いたことがあるような言葉です。



イメージとしては
「これからよくないことが起こりそうな」
「嫌なことが起こる前触れ」

みたいな意味を表しそうな言葉です。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『風前の灯火』の意味


『風前の灯火』の意味は

風が吹き付けるところにある灯火はすぐ消えてしまうことといったところから
危険が迫ってすぐにも絶えてしまいそうなこと

といった意味を持ちます。



「今の状態はこれから危険が迫って今にもなくなってしまいそうなはかない状態」

といった意味かもしれませんね。



例文としては
「人造人間を見つけたヤムチャは仲間を呼ぼうとしたが捉えられてしまい風前の灯となってしまった」

といった使い方がいいかもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『風前の灯火』の類義語

危急
難局
窮地
苦境
ピンチ
危地
死地
破局
クライシス

『危機』の慣用句

足元に火が付く
一難去ってまた一難
一触即発
危急存亡の秋
危殆に瀕する
剣が峰に立たされる
前門の虎後門の狼
轍鮒の急
風雲急を告げる
風前の灯火
釜中の魚
累卵の危うき

スポンサードリンク
[ad#co-1]