『思いやり』(おもいやり)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



なんとなく、人の辛さを理解しいたわる、優しくする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『思いやり』の意味


『思いやり』(おもいやり)の意味は

相手の立場や心中に心を配ること。
また、その気持ち


といった意味のようです。



相手の身になって気遣う

のような意味になりそうです。

『思いやり』の例文、使い方


例文としては
「集中しすぎると思いやる気持ちがなくなる」

のような
「気を使って優しくする」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『思いやり』の語源、由来


『思いやり』の語源、由来は

「思い」と「遣る」(やる)
思いが行く、考え、意識を向ける

といった意味から来た言葉になります。



相手のことを思い気遣う気持ち、がきっかけで生まれた行動

のような意味になりそうです。



また、

「思いやり」の英語
『compassion』の語源は

「共に」(com)、「苦しむ」(pati)

となるようです。

『思いやり』の反対語、対義語


『無慈悲』(むじひ)
思いやりの心がないこと。あわれみの心がないこと
『無関心』(むかんしん)
関心がないこと。興味を持たないこと
『不人情』(ふにんじょう)
人情味に欠けること。思いやりのないこと

といった意味の言葉となります。



どの言葉も

思いやりや相手を思う気持ち、関心を否定するような意味となり

「思いやり」の反対の意味、対義語としてしっくりきそうです。

スポンサードリンク


『思いやり』の類義語


人情
思いやり
同情
哀れみ
慈悲
温情
恩情
厚情
芳情

善意

『情け』の慣用句

鬼の空念仏
同病相憐れむ
情けが仇
武士の情け

『情け』のことわざ

鬼の目にも涙
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
旅は道連れ世は情け
情けに刃向かう刃なし
情けは人の為ならず

関連コンテンツ



スポンサードリンク