『芳情』(ほうじょう)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



名前の「北条」だとよく聞くのですが

「芳情」(ほうじょう)は聞いたことがない気がします。



「情けの類義語」として考えると、なんとなく

同情する気持ち、思いやり

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『芳情』の意味


『芳情』(ほうじょう)の意味は

相手を敬って
その人の思いやり深い心をいう語


といった意味のようです。



「芳志」
他人を敬って、その親切な心づかいをいう語
「芳意」
相手を敬って、その心づかいをいう語

は類語にあたるようです。



『敬う』(うやまう)は
相手を尊んで、礼を尽くす。尊敬する

といった意味になります。



敬い思いやる気持ち

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『芳情』の使い方、例文


例文としては
「芳情に感謝申し上げます」

のような
「敬い思いやる気持ち」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『芳情』の類義語


人情
思いやり
同情
哀れみ
慈悲
温情
恩情
厚情
芳情

善意

『情け』の慣用句

鬼の空念仏
同病相憐れむ
情けが仇
武士の情け

『情け』のことわざ

鬼の目にも涙
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
旅は道連れ世は情け
情けに刃向かう刃なし
情けは人の為ならず