『温情』(おんじょう)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、厚情

と似たような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『温情』の意味


『温情』(おんじょう)の意味は

寛大で思いやりのある心

といった意味のようです。



『寛大』(かんだい)は
度量が大きく、思いやりがあり、むやみに人を責めないこと
『度量』(どりょう)は
他人の言行をよく受けいれる、広くおおらかな心
『おおらか』は
心がゆったりとして、こせこせしないさま

といった意味になります。



広い心の思いやり

のような意味になりそうです。

『温情』の使い方、例文


例文としては
「温情を中心とした考え方」

のような
「思いやりのある広い心」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『温情』の類義語


人情
思いやり
同情
哀れみ
慈悲
温情
恩情
厚情
芳情

善意

『情け』の慣用句

鬼の空念仏
同病相憐れむ
情けが仇
武士の情け

『情け』のことわざ

鬼の目にも涙
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
旅は道連れ世は情け
情けに刃向かう刃なし
情けは人の為ならず

関連コンテンツ



スポンサードリンク