『旅は道連れ世は情け』(たびはみちづれよはなさけ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、同じ環境、場所にいる者同士が持ちつ持たれつで助け合う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『旅は道連れ世は情け』の意味


『旅は道連れ世は情け』(たびはみちづれよはなさけ)の意味は

旅では同行者のいる方が心強いように
世を渡っていく場合も互いに情けをかけあうことが大切だという事


といった意味のようです。



『情け』は
人間味のある心。他人をいたわる心。人情。情愛。思いやり
『心強い』は
頼りになるものがあって安心である。心丈夫だ。気強い

といった意味になります。



仲間は頼もしいので大事にすべき

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク


『旅は道連れ世は情け』の類義語


人情
思いやり
同情
哀れみ
慈悲
温情
恩情
厚情
芳情

善意

『情け』の慣用句

鬼の空念仏
同病相憐れむ
情けが仇
武士の情け

『情け』のことわざ

鬼の目にも涙
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
旅は道連れ世は情け
情けに刃向かう刃なし
情けは人の為ならず

関連コンテンツ



スポンサードリンク