『人情』の読み方は(にんじょう)と読みます。



『人情』(にんじょう)という言葉は

聞いたことがあるとこですね。



映画や龍が如くなどのゲームを思い出しそうな言葉ですが、なんとなく

相手に情けをかける気持ち

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『人情』の意味


『人情』(にんじょう)の意味は

人間としての自然な心の働き。
特に人に対するいたわり、哀れみの気持ちや愛情など


といった意味のようです。



自然に生まれる優しい心

のような意味になりそうです。



例文としては
「塗装屋で働いていた親方は理不尽なほど厳しい人だが
盗まれたナンバープレートを親身になって解決してくれることもあり、人情がある」

のような使い方が良さそうです。

『人情』の対義語、反対語


『人情』の対義語、反対語はこれといってないようですが、もしあるならば

『思いやり』
他人の身の上や心情に心を配ること

といった意味の対義語である

『不人情』(ふにんじょう)
人情味に欠けること。思いやりのないこと

といった意味の言葉が対義語に近いのかもしれません。



「人情」に「不」がついただけでやや腑に落ちませんが

「人情」を否定する、反対になるような意味になるので

意味としては対義語としてしっくりきそうです。

スポンサードリンク


『人情』の類義語


人情
思いやり
同情
哀れみ
慈悲
温情
恩情
厚情
芳情

善意

『情け』の慣用句

鬼の空念仏
同病相憐れむ
情けが仇
武士の情け

『情け』のことわざ

鬼の目にも涙
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
旅は道連れ世は情け
情けに刃向かう刃なし
情けは人の為ならず

関連コンテンツ



スポンサードリンク