『記載』(きさい)という言葉は

頻繁によく聞く言葉ですね。



書く、というよりは、文章が表示されている

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク

『記載』の意味


『記載』(きさい)の意味は

文書や書物に書いて載せること

といった意味のようです。



『載せる』
掲載する。記す
『記す』
文字や文章などを書きつける。書きとめる
『掲載』
スル 新聞・雑誌などに文章や写真をのせること

といった意味になるので

2つの漢字の意味に近い言葉となりそうです。



文書、書物限定で「書き記す」

という意味となりそうです。



例文としては
「新聞に記載されている所から面白い部分を切り取った」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『記載』の反対語


『記載』の反対語、となると

記載しない、のような意味となりますが

候補となっている言葉は

『未記載』
まだ記載しない
『不記載』
記載しない

の意味を持つ言葉になります。



意味を比べてみると若干違い

不記載』が

『記載』の反対語の意味としてぴったりになりそうです。

スポンサードリンク

『記載』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し