『記す』(しるす)という言葉は

普通に使いそうな言葉ですね。



なんとなく、文章をものに書く

のような意味になりそうですが。



『記す』の読み方は(しるす)と読みます。

スポンサードリンク

『記す』の意味


『記す』(しるす)の意味は

文字・記号や文章を書きつける

といった意味のようです。



『書きつける』は
文字や言葉を書きとめる
『書き留める』は
あとに残すために書いておく。記録にとる

といった意味なので

「書く」と言い方は違えど意味は同じのようです。




『書く』は
文字や符号をしるす

といった意味なので

『書く』と『記す』の言葉の意味も

ほぼ同じとなりそうです。



ただ、表現としてはいまいち

「書く」という言葉よりも意味があやふやに聞こえてきますね。

スポンサードリンク

『記す』の例文、使い方


例文としては
「ファミコンのパスワードを記したメモ帳」

のような
「書く」
の代わりのような使い方が良さそうです。

『記す』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し