『筆記』(ひっき)という言葉は

なんとなく聞いたことがある言葉ですね。



「執筆」のような言葉と意味が似ていそうですが

鉛筆やペンで書く、文章を書く

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『筆記』の意味


『筆記』(ひっき)の意味は

文字や文章などを紙に書き記すこと

といった意味のようです。



ネットでの意味も確認してみると

『筆記』
書き記すこと。書き取ること。また、書かれたもの

といった意味になるので

紙、に限定して書き記す、という意味ではなさそうです。



昔でこそ、紙に書く以外の方法はありませんでしたが

今はネットに言葉を書く、ということもできるので

書く場所を問わず使えるように、書き記す

という意味になっているのかもしれません。



例文としては
「機械の扱い方を筆記する」
「筆記試験なんて学生の時以来だ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『筆記』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]