『煩悩』の読み方は(ぼんのう)となります。



『煩悩』(ぼんのう)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、欲求している気持ち、本能の欲望

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『煩悩』の意味


『煩悩』(ぼんのう)の意味は

仏教語
心身を悩ましまどわす
欲望・執着心・邪念・怒りなどの精神作用


といった意味のようです。



心を乱す感情、好奇心

のような意味になりそうです。



『執着』(しゅうちゃく)は
一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと
『邪念』(じゃねん)は
1.悪意やたくらみを秘めた、よこしまな考え。邪心
2.心の迷いから来る妄想。雑念

といった意味になります。

『煩悩』の使い方、例文


例文としては
「貴重な休みを煩悩で過ごす」

のような使い方が良さそうです。

『煩悩』の対義語、反対語


『煩悩』の対義語は

『正覚』(しょうがく)
仏語。すべての迷いを断ち切った正しい悟り

といった意味の言葉になります。



「煩悩」と「正覚」は仏教語のようで

煩悩がない、乗り越えた先に正覚がある

のような対比した意味になりそうです。

スポンサードリンク


『煩悩』の類義語

欲望
欲求
欲心
意地
煩悩
娑婆っ気
野心
色気
情欲
我欲
利欲
欲得

『欲』の慣用句

意馬心猿
垂涎の的
喉から手が出る
目が眩む
欲と二人連れ
欲の皮が張る
涎を流す

『欲』のことわざ

亀の年を鶴が羨む
大欲は無欲に似たり
欲の熊鷹股を裂く
隴を得て蜀を望む

関連コンテンツ



スポンサードリンク