『隴を得て蜀を望む』(ろうをえてしょくをのぞむ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



まるで予想できない、想像できない言葉ですが「欲の類義語」として考えると

大物になってなお、上を目指す

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『隴を得て蜀を望む』の意味


『隴を得て蜀を望む』(ろうをえてしょくをのぞむ)の意味は

「隴」は中国甘粛省南東部の地域。
中国三国時代、魏の曹操が隴を手に入れた時
部下の司馬懿が蜀に攻め入るよう進言したのに答えた言葉から
ある望みが達せられるとさらにそれ以上のことを望むこと。
人間の欲望に限りがないことをいう


といった意味のようです。



望みが達成され、さらなる望みを求める
人間の欲望はキリがない

のような意味になりそうです。



「望蜀」(ぼうしょく)

とも言われるようです。



「隴(甘粛省南東部)」は
中国の真ん中の上、モンゴルの下辺りの地域

のようです。

スポンサードリンク


『隴を得て蜀を望む』の類義語

欲望
欲求
欲心
意地
煩悩
娑婆っ気
野心
色気
情欲
我欲
利欲
欲得

『欲』の慣用句

意馬心猿
垂涎の的
喉から手が出る
目が眩む
欲と二人連れ
欲の皮が張る
涎を流す

『欲』のことわざ

亀の年を鶴が羨む
大欲は無欲に似たり
欲の熊鷹股を裂く
隴を得て蜀を望む

関連コンテンツ



スポンサードリンク