『欲の熊鷹股を裂く』(よくのくまたかまたをさく)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、二兎を追う者は一兎をも得ず

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『欲の熊鷹股を裂く』の意味


『欲の熊鷹股を裂く』(よくのくまたかまたをさく)の意味は

「熊鷹」はタカの一種。
同時に二頭の猪をつかんだ熊鷹が
左右に走って逃げようとする二頭を離さなかったため
股が裂けてしまったという話から
あまり欲張ると災いを招くことになるという例え

といった意味のようです。



『二兎を追う者は一兎をも得ず』
同時に違った二つの事をしようとすれば、結局どちらも成功しないというたとえ

と似た意味の言葉となりそうです。



『熊鷹』(くまたか)は
タカ科の鳥。全長は雄が72センチ、雌が80センチくらい。頭に冠羽があり、上体は黒褐色、腹は白に茶の斑がある。北海道から九州の山地にすむ

といった意味になります。

スポンサードリンク


『欲の熊鷹股を裂く』の類義語

欲望
欲求
欲心
意地
煩悩
娑婆っ気
野心
色気
情欲
我欲
利欲
欲得

『欲』の慣用句

意馬心猿
垂涎の的
喉から手が出る
目が眩む
欲と二人連れ
欲の皮が張る
涎を流す

『欲』のことわざ

亀の年を鶴が羨む
大欲は無欲に似たり
欲の熊鷹股を裂く
隴を得て蜀を望む

関連コンテンツ



スポンサードリンク