『大欲は無欲に似たり』(たいよくはむよくににたり)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、なんでも無作為に欲しがる人は何も興味がないのと同じ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『大欲は無欲に似たり』の意味


『大欲は無欲に似たり』(たいよくはむよくににたり)の意味は

大きな望みを抱く者は小さな利益を気にしないので
一見すると欲がないように見えるということ。
また、あまりに欲深い者は
欲に心を奪われて損を招きやすく
結局は欲のないものと同じ結果になるという意味にもいう


といった意味のようです。



野心がある人は小さなことは気にしない、強欲は損しやすい

のような意味になりそうです。



小さなの望みから叶えていくのが結果は出やすい

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『大欲は無欲に似たり』の類義語

欲望
欲求
欲心
意地
煩悩
娑婆っ気
野心
色気
情欲
我欲
利欲
欲得

『欲』の慣用句

意馬心猿
垂涎の的
喉から手が出る
目が眩む
欲と二人連れ
欲の皮が張る
涎を流す

『欲』のことわざ

亀の年を鶴が羨む
大欲は無欲に似たり
欲の熊鷹股を裂く
隴を得て蜀を望む

関連コンテンツ



スポンサードリンク