『垂涎の的』の読み方は(すいぜんのまと)と読みます。



『垂涎の的』(すいぜんのまと)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちよくわからない言葉ですが「欲の類義語」として考えると

欲望により生活が乱れる、だらしなくなる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『垂涎の的』の意味


『垂涎の的』(すいぜんのまと)の意味は

「垂涎」はよだれを垂らすこと
なかなか手に入らないが
欲しくてたまらないもの

といった意味のようです。



希少でどうしても欲しいもの、喉から手が出る

のような意味になりそうです。

『垂涎の的』の使い方、例文


例文としては
「木村拓哉主演のこのゲームは結末が気になり垂涎の的だ」

のような使い方は良さそうです。

スポンサードリンク


『垂涎の的』の類義語

欲望
欲求
欲心
意地
煩悩
娑婆っ気
野心
色気
情欲
我欲
利欲
欲得

『欲』の慣用句

意馬心猿
垂涎の的
喉から手が出る
目が眩む
欲と二人連れ
欲の皮が張る
涎を流す

『欲』のことわざ

亀の年を鶴が羨む
大欲は無欲に似たり
欲の熊鷹股を裂く
隴を得て蜀を望む

関連コンテンツ



スポンサードリンク