『目が眩む』(めがくらむ)という言葉は

よく使われてそうな言葉ですね。



普通だと、太陽拳などで眩しさのあまり目が見えなくなる

のような意味になりそうですが「欲の類義語」として考えると

欲で頭がいっぱいになる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『目が眩む』の意味


『目が眩む』(めがくらむ)の意味は

欲望に心を奪われるなどして
正常な判断ができなくなる


といった意味のようです。

欲望により頭が混乱する

のような意味になりそうです。



『目が眩む』(めがくらむ)は
1.目まいがする
2.強い光線などのために、一時的に視力を失う
3.心を奪われて判断力がなくなる

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「都合の良い話を持ちかけられ目が眩んだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『目が眩む』の類義語

欲望
欲求
欲心
意地
煩悩
娑婆っ気
野心
色気
情欲
我欲
利欲
欲得

『欲』の慣用句

意馬心猿
垂涎の的
喉から手が出る
目が眩む
欲と二人連れ
欲の皮が張る
涎を流す

『欲』のことわざ

亀の年を鶴が羨む
大欲は無欲に似たり
欲の熊鷹股を裂く
隴を得て蜀を望む

関連コンテンツ



スポンサードリンク