『余禄』(よろく)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



いまいちイメージしづらい言葉ですが「利益の類義語」として考えると

余っている財産、稼ぎ

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『余禄』の意味


『余禄』(よろく)の意味は

正規の収入以外に得られる利得

といった意味のようです。



『正規』(せいき)は
正式の規則。また、それに基づいていること
『正式』(せいしき)は
きめられたとおりの、またおおやけに認められたとおりのやり方である・こと
『規則』(きそく)は
行為や事務手続きなどが、それに基づいて行われるように定めた事柄。決まり
『利得』(りとく)は
利益を得ること。また、その利益。もうけ

といった意味になります。



全うの仕事以外でのもうけ、利益

のような意味になりそうです。



例文としては
「本業の収入以外にも余禄がある」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『余禄』の類義語

利得

儲け
実益
実利
収益
純益
粗利
利潤
黒字
収入
実入り
所得
取り分
利鞘
役得
余禄
薄利
巨利
暴利

『利益』の慣用句

甘い汁を吸う
行き掛けの駄賃
一攫千金
掠りを取る
漁父の利
私腹を肥やす
濡れ手で粟
一山当てる
遣らずぶったくり
[ad#co-6]

[ad#co-3]