『濡れ手で粟』(ぬれてであわ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが「利益の類義語」として意味を考えると

手を出してみた商売が水の泡になって儲けがない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『濡れ手で粟』の意味


『濡れ手で粟』(ぬれてであわ)の意味は

苦労せずに大きな利益を得ること

といった意味のようです。



予想していた意味とはだいぶ違っていたようで

効率よく稼ぐ

のような意味になりそうです。

『濡れ手で粟』の例文、使い方


例文としては
「所有していた土地は松茸が実るので濡れ手で粟だ」

のような
「苦労しないで儲ける」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『濡れ手で粟』の類義語

利得

儲け
実益
実利
収益
純益
粗利
利潤
黒字
収入
実入り
所得
取り分
利鞘
役得
余禄
薄利
巨利
暴利

『利益』の慣用句

甘い汁を吸う
行き掛けの駄賃
一攫千金
掠りを取る
漁父の利
私腹を肥やす
濡れ手で粟
一山当てる
遣らずぶったくり

関連コンテンツ



スポンサードリンク