『掠りを取る』(かすりをとる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「掠」(かすり)という言葉がいまいち聞いたことがないのでわかりづらいですが「利益の類義語」として考えると

身ぐるみを根こそぎ奪うつもりで稼ぐ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『掠りを取る』の意味


『掠りを取る』(かすりをとる)の意味は

他人の取り分の一部を自分のものにする

といった意味のようです。



他人の稼ぎを少しもらう

のような意味になりそうです。



『掠り』(かすり)は
1.かすること。表面をさっとなでて過ぎること
2.上前をはねること。口銭を取ること
3.わずかな金もうけ
4.かすり傷
『上前を撥ねる』(うわまえをはねる)は
他人に取り次ぐ賃金や代金の一部を自分のものとする。かすめとる
『口銭』(こうせん)は
売買の仲介をした場合の手数料

といった意味になります。



例文としては
「派遣社員は派遣会社に掠りを取られているので損をした気分になる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『掠りを取る』の類義語

利得

儲け
実益
実利
収益
純益
粗利
利潤
黒字
収入
実入り
所得
取り分
利鞘
役得
余禄
薄利
巨利
暴利

『利益』の慣用句

甘い汁を吸う
行き掛けの駄賃
一攫千金
掠りを取る
漁父の利
私腹を肥やす
濡れ手で粟
一山当てる
遣らずぶったくり

関連コンテンツ



スポンサードリンク