『心の欲する所に従えども矩を踰えず』(こころのほっするところにしたがえどものりをこえず)

という言葉は聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、欲望ばかり好き勝手にしすぎていたら成長できない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『心の欲する所に従えども矩を踰えず』の意味


『心の欲する所に従えども矩を踰えず』(こころのほっするところにしたがえどものりをこえず)の意味は

自分の心の赴くままに振る舞っても
道徳から外れることがない

孔子が七十歳になって達した境地

といった意味のようです。



中国の「論語」からきた言葉のようです。



自分の思うままに行動しても全く道徳から外れない

のような意味になりそうです。



『赴く』(おもむく)は
1.ある場所・方角に向かって行く
2.ある状態に向かう
3.その方に心が向かう
4.従う。同意する

といった意味になります。

スポンサードリンク


『心の欲する所に従えども矩を踰えず』の類義語

品行
素行
操行
身持ち
行状
所業
言動
振る舞い
ビヘイビア
立ち居振る舞い
坐作進退
一挙手一投足

『行い』の慣用句

渇しても盗泉の水を飲まず
姿勢を正す
身を持する
身を持ち崩す

『行い』のことわざ

君子は独りを慎む
心の欲する所に従えども矩を踰えず
小人閑居して不善を為す
人のふり見て我がふり直せ

関連コンテンツ



スポンサードリンク