『骨折り』(ほねおり)という言葉は

聞いたことはありつつも勘違いしやすい言葉ですね。



ついまっすぐ受け取ってしまって
「骨を折る」

といった意味にも聞こえてしまいますが

普段何気なく使っている言葉でもあるので

何となく
骨が折れるほど努力する

のように受け取れます。



体が疲れ果てるくらい努力する、行動する

のようなイメージになりそうですが。

スポンサードリンク


『骨折り』の意味


『骨折り』の意味は

苦労して力を尽くすこと

といった意味のようです。



「苦労」とあるのでやはり
苦しい思いをして精神的、肉体的に負荷をかけ苦しい思いをする

といった意味になってきそうです。



そういった意味では
体を張って努力をする

といった意味になってきそうですね。

例文としては
「よく骨折り損というが人生に無駄なことはないと思う」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『骨折り』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く

関連コンテンツ



スポンサードリンク