『怨念』は(おんねん)と読みます。



『怨念』(おんねん)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



何となく、呪いたくなるほどの恨み

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『怨念』の意味


『怨念』(おんねん)の意味は

晴らすことができずに執念となった恨み

といった意味のようです。



深く思い続けてきた恨み

のような意味になりそうです。



『執念』(しゅうねん)は
ある一つのことを深く思いつめる心

といった意味になります。



例文としては
「呪われたアイテムには怨念がおんねん」
「怨念が漂うとも言われる曰く付きのパチンコ店」

のような使い方が良さそうです。

『怨念』の反対語、対義語


『怨念』の反対語、対義語はなさそうですが

『怨念』の意味は
思い続けてきた恨み、強い恨み、のような意味なので

ここから反対の意味を考えると

怨恨』(えんこん)
うらむこと。また、深いうらみの心

といった意味を持つ言葉の対義語でもある

『恩義』(おんぎ)
報いなければならない、義理のある恩

といった意味の言葉が浮かんできます。



『報いる』(むくいる)は
受けた恩や払われた労力などに対して、ふさわしいお返しをする
『義理』(ぎり)は
物事の正しい筋道
『恩』(おん)は
人から受ける、感謝すべき行為。恵み。情け

といった意味になります。



『恩義』は
お礼をしたい感謝している気持ち、のような意味になるので

『怨念』
深く恨み続ける

のような意味の反対語、対義語にもなるのかもしれません。

スポンサードリンク


『怨念』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め

関連コンテンツ



スポンサードリンク