『ルサンチマン』という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



人物のようにも聞こえてきますが「恨みの類義語」として考えると、なんとなく

復讐したいほどの人物、思い出すと腹が立つ人物

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『ルサンチマン』の意味


『ルサンチマン』の意味は

怨恨。ニーチェの用語で
特に、弱者が強者に対して抱く鬱屈(うっくつ)した憎悪や復讐心


といった意味のようです。



フランスのニーチェという用語から来た言葉のようで

仕返しをしたい気持ち

のような意味になりそうです。



『怨恨』(えんこん)は
うらむこと。また、深いうらみの心
『鬱屈』(うっくつ)は
気分が晴れ晴れしないこと。心がふさぐこと

といった意味になります。

スポンサードリンク

『ルサンチマン』の使い方、例文


例文としては
「ルサンチマンがにじみ出た表情を演じる」

のような
「恨む気持ち」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『ルサンチマン』の対義語、反対語


『ルサンチマン』の対義語はないようですが、もしあるならば

『ルサンチマン』の意味は
怨恨。弱者が強者に対して抱く鬱屈(うっくつ)した憎悪や復讐心、となるので

『鬱屈』の対義語は『爽快』
『憎悪』の対義語は『熱愛』
『復讐』の対義語は『勘弁』
というところから考えると

強者が弱者に対してさわやかで強い愛情や許す気持ち

のような意味も考えられるかもしれません。



また、『ルサンチマン』の意味に含まれる

『怨恨』の対義語である

『恩義』(おんぎ)
恩を受けた義理

といった意味の言葉が『ルサンチマン』の対義語にも近そうです。

スポンサードリンク

『ルサンチマン』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め