『人を怨むより身を怨め』(ひとをうらむよりみをうらめ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、人のせいにせず自分のせいにせよ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『人を怨むより身を怨め』の意味


『人を怨むより身を怨め』(ひとをうらむよりみをうらめ)の意味は

人からされたことを恨むより
自分の至らない点を反省すべきである


といった意味のようです。



恨むのではなく反省すべき

のような意味になりそうです。



『至る』(いたる)は
細かいところまで行き届く

といった意味になります。

スポンサードリンク


『人を怨むより身を怨め』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め

関連コンテンツ



スポンサードリンク