『恨みに報ゆるに徳を以てす』(うらみにむくゆるにとくをもってす)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが、なんとなく

恨んでばかりいるといいことがない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『恨みに報ゆるに徳を以てす』の意味


『恨みに報ゆるに徳を以てす』(うらみにむくゆるにとくをもってす)の意味は

ひどい仕打ちをされても
仕返しすることなく
逆に恩徳を施す


といった意味のようです。



ひどいことにひどいことで仕返しせず良いことで返す

のような意味になりそうです。



『恩徳』(おんとく)は
恵み。情け。恩恵
『恵み』(めぐみ)は
めぐむこと。恩恵。また、いつくしみ
『慈しみ』(いつくしみ)は
いつくしむこと。恵み。慈愛
『慈愛』(じあい)は
親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情
『施す』(ほどこす)は
ほどこす。施行(せぎょう)する
『施行』(せぎょう)は
仏法の善行を積むため僧侶や貧しい人々に物を施し与えること

といった意味になります。

スポンサードリンク


『恨みに報ゆるに徳を以てす』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め

関連コンテンツ



スポンサードリンク