『妬み』の読み方は(ねたみ)と読みます。



『妬み』(ねたみ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、嫉妬が恨みに変わったような気持ち、嫉妬するほど恨む気持ち

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『妬み』の意味


『妬み』(ねたみ)の意味は

人の優れた点や幸福をうらやみ
憎らしく思う気持ち


といった意味ようです。

羨ましくて憎む気持ち

のような意味になりそうです。



「嫉妬」(しっと)の意味
1.自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと
2.やきもち

とは類語にあたるようです。



例文としては
「上に立つほど妬まれやすい」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『妬み』『嫉み』『僻み』の違い


ぱっと見、どの言葉も読みづらく大まかな意味すらわかりませんが

『妬み』(ねたみ)
ねたむこと。嫉妬(しっと)。そねみ
『嫉み』(そねみ)
そねむこと。ねたみ。嫉妬(しっと)
『僻み』(ひがみ)
ひがむこと。ひねくれた考えや気持ち

といった意味になります。



見比べると『妬み』と『嫉み』は似たような意味

『僻み』だけやや意味が違ってきそうです。



『妬み』は
羨ましくてその人を責める、憎い、不快に思い嫌う
『嫉み』は
羨ましくて自分を責める、悔しい、恥ずかしいというストレス
『僻み』は
偏見、偏った考えで他人を責める、相手の長所も決めつけて悪く言う、過剰に自分が悪く扱われていると思う、素直ではない

のような意味の違いになりそうです。



『僻み』は
『妬み』の気持ちがさらに増幅したような意味

ということにもなりそうです。

『妬み』の反対語、対義語


『妬み』の反対語、対義語になりそうな言葉は

『羨む』(うらやむ)
1.他の人が恵まれていたり、自分よりもすぐれていたりするのを見て、自分もそうありたいと思う
2.他人のすぐれた才能や恵まれた状態を不満に思う
『憧れる』(あこがれる)
理想とする物事や人物に強く心が引かれる

といった意味の言葉になります。



『羨む』は
やや『妬む』とも似たような意味がありそうですが
『憧れる』は
羨ましい人を好む、のような意味になり

『妬み』の反対語、対義語に近い言葉となりそうです。

[ad#co-3]

『妬み』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め
[ad#co-6]

[ad#co-3]