『天を怨みず人を尤めず』(てんをうらみずひとをとがめず)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、起きたことや人にされたことにイライラしてもしょうがない、すべきでない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『天を怨みず人を尤めず』の意味


『天を怨みず人を尤めず』(てんをうらみずひとをとがめず)の意味は

どんなに苦しい境遇にあっても
運命を恨んだり人のせいにしたりすることなく
自ら修養に努めるべきである


といった意味のようです。



苦しい環境にあっても努力を怠ってはいけない

のような意味になりそうです。



『境遇』(きょうぐう)は
その人が置かれた、家庭環境・経済状態・人間関係などの状況。身の上。境涯
『修養』(しゅうよう)は
知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること

といった意味になります。

スポンサードリンク


『天を怨みず人を尤めず』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め

関連コンテンツ



スポンサードリンク