『憎しみ』(にくしみ)という言葉は

普通に聞く言葉ですね。



なんとなく、恨む、危害を加えたくなるほど嫌いな気持ち

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『憎しみ』の意味


『憎しみ』(にくしみ)の意味は

害を加えたくなるほどに相手を許し難く思う気持ち

といった意味のようです。



『害』(がい)は
悪い結果や影響を及ぼす物事

といった意味になります。



傷つけたくなるほど腹が立つ気持ち

のような意味になりそうです。



例文としては
「愛されていないと分かった瞬間、愛は憎しみへと変わった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『憎しみ』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め

関連コンテンツ



スポンサードリンク