『倶に天を戴かず』(ともにてんをいただかず)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが「恨みの類義語」として考えると

人を恨んだほうも恨まれたほうも報われない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『倶に天を戴かず』の意味


『倶に天を戴かず』(ともにてんをいただかず)の意味は

「不倶戴天」(ふぐたいてん)を訓読みにしたもの
相手を倒すか自分が倒れるか
とても一緒にこの世に生きてはいられない。
強い敵愾心を抱いていることをいう


といった意味のようです。



意味を聞いてもいまいちよくわからない言葉ですね。



水と油の関係、相思相殺

のような意味になりそうです。



『敵愾心』(てきがいしん)は
敵に対して抱く憤りや、争おうとする意気込み
『不倶戴天』(ふぐたいてん)は
ともにこの世に生きられない、また、生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。また、その間柄

といった意味になります。

スポンサードリンク


『倶に天を戴かず』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め

関連コンテンツ



スポンサードリンク