『恨みつらみ』(うらみつらみ)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、恨み続ける、恨んだり憎んだりする

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『恨みつらみ』の意味


『恨みつらみ』(うらみつらみ)の意味は

「つらみ」は「辛い」の語幹に「み」をつけたもので
語調を整えるために添えた語
抱いてきた数々の恨み

といった意味のようです。



ため込んだ恨み

のような意味になりそうです。



『語幹』(ごかん)は【⇔『語尾』】
国文法で、用言の活用語尾を取り除いた変化しない部分。「書く」の「か」、「早い」の「はや」の類

といった意味になります。



例文としては
「気が緩み、恨みつらみを言う」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『恨みつらみ』の類義語

怨恨
意趣
私怨
遺恨
怨念
宿怨
旧怨
閨怨
恨みつらみ
怨嗟
憎しみ
妬み
嫉み
呪詛
復讐心
ルサンチマン

『恨み』の慣用句

恨み骨髄に徹する
鬼哭啾啾
倶に天を戴かず
根に持つ
含むところがある

『恨み』のことわざ

犬の糞で敵を討つ
恨みに報ゆるに徳を以てす
天を怨みず人を尤めず
人を怨むより身を怨め
[ad#co-6]

[ad#co-3]