『知略』(ちりゃく)という言葉は

なんとなく計略を行う上での頭の良さを表した言葉

のようなイメージがあります。



よく三国志のゲームなどではこの知略の数値が高いと

火計や落石といった計略が使えたり、発揮しやすい

といった言葉でしたが

一般的な知略の意味だと

策略の知恵、人を陥れるための知恵

のような意味になってきそうですね。

スポンサードリンク


『知略』の意味


『知略』の意味は

周囲の状況を考慮しての知恵を働かせた計略

といった意味のようです。



『計略』は
目的が達せられるように前もって考えておく手段。
相手をだまそうとするたくらみ。はかりごと。策略
『知恵』は
物事の道理を判断し処理していく心の働き。
物事の筋道を立て計画し正しく処理していく能力

といった意味になります。



なので
知恵が知識を働かした応用の行動
計略が相手を騙すための計画

となってきそうなので

自分の能力をなるべく発揮した相手を陥れるための計画

のような良くない意味にもなってきそうですね。



「知略」は見た目よりも

物騒な言葉としても使われそうです。



例文としては
「時代を先取りするために知略を巡らす」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『知略』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用

関連コンテンツ



スポンサードリンク