『計略』という言葉は

やはり戦争などで相手を陥れるための計画

のようなイメージがあります。



三国志や信長の野望といった戦争ゲームなどで普通に使われそうな言葉で

自軍が有利になるような作戦

といった意味がありそうですが。



ただ、現代社会でだと

人を陥れるようなトラップ

のような意味として使われ方そうな言葉ですが。

スポンサードリンク


『計略』の意味


『計略』の意味は

有利に事が運ぶように前もって考えて打つ策

といった意味のようです。



ここではやや控えめな意味として紹介されていますが

『計略』は
目的が達せられるように前もって考えておく手段。
また、相手をだまそうとするたくらみ。はかりごと。策略

といった意味のようなので

やはり
『策略』
密かに企む謀
『謀』
人を陥れたり騙したりするための方策

といった言葉とあまり違わなそうです。



ろくでもない意味のようですね。



戦国時代だとまだしょうがないにしても

現代社会でだとやはり悪いイメージしかわかない言葉となりそうです。



例文としては
「相手に計略にハマったと錯覚させて自分の計略を成功させた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『計略』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用

関連コンテンツ



スポンサードリンク