『人を見て法を説け』(ひとをみてほうをとけ)という言葉は

なんとなく「人を見る」とあるので

「実際に目の前の状況を見てみないと何も分からない」
「卓上の上で物事を考えていても真実は見えてこない」

といった意味にも聞こえてきます。



「行動して現場を見ろ」

という意味にもなってくるのかもしれませんが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『人を見て法を説け』の意味


『人を見て法を説け』(ひとをみてほうをとけ)の意味は

人に説明や助言をするときは、
相手の人柄や能力をよく考えて、
その人にあった言い方をすべきである


といった意味のようです。



「法を説け」というのは
「説明」や「助言」という意味合いになってきて

「人を見て」というのは
「相手の人柄」や「能力」を見て

といった意味を指すんですね。



なので人は十人十色であり

人によって性格や性質も違い
得意分野も不得意分野も違うから

「ちゃんと人間性を見てあげて」
「その人にあった教えや言い方をすべきである」

という意味になってくるのかもしれません。



予想してたのと意味がだいぶ違っていましたが

意味を知ると「なるほどな」と

すごく納得する気分にもなり
やはり「人のため」という気持ちが言葉から伝わってくるので

ある意味温かみのあることわざですね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『人を見て法を説け』の類義語

授ける
仕込む
仕付ける
叩き込む
諭す
指導
教育
教導
教授
伝授
指南
手解き
教示
助言
コーチ
啓蒙
啓発

『教える』の慣用句

教鞭を執る
知恵を付ける
範を垂れる
蒙を啓く

『教える』のことわざ

負うた子に教えられて浅瀬を渡る
教うるは学ぶの半ば
人を見て法を説け
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]